ふるさとの史跡をたずねて【17】鍛冶神社跡(因島土生町串畑)

鍛冶神社跡(因島土生町串畑)

さて、天授3年(1377)霜月15日の戦いで勝った村上師清は、三原の刀鍛冶に南朝年号の銘が彫ってある刀を作らせた。鍛冶谷と呼ばれる串畑谷がその場所ではないかと言われている。串畑谷にはかつて鍛冶職人が住み鍛冶神社があった。鍛冶神社は今は大山神社の耳明神社の後ろにある。

その鍛冶神社のあった場所を探して、串畑谷を何度か上がったり下りたり、地元の人に尋ねたりした。図書館道路(と地元の人は呼んでいた)近くの雑木林の中に古い木製の祠があった。鳥居だったと思われる石柱が一本、それに石段の跡らしきものもあった。

串畑の北の田熊側が鍛冶後(かじがせど)である。鍛冶谷の後ろになるということだろう。串畑の人が図書館道路を越え鍛冶後を通って田熊へ買い物に行くと言われていたから、昔も鍛冶谷と往来があって鍛冶後という名前がついたのだろう。

ある時、こういう話をすると世界のオカツネバサミはそのような風土から生まれたのかと尋ねられた。それもそうだろうが、鍛冶職人の集団が串畑にいたことは、近代造船業の黎明期に大いに裨益したことだろうと、私は思う。

(写真・文 柏原林造)

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282