無償譲渡されたフラワーセンター 尾道市がリニューアル再出発 指定管理者公募説明会に6団体参加

 尾道市は県から無償譲渡された因島フラワーセンターの指定管理者公募説明会を9月31日、因島総合支所で行った。参加したのは、因島観光協会▽因島花卉園芸組合▽(株)イデオ(広島市・スーパーイズミ関連会社)▽NPO法人遊喜の会(因島重井町)▽(株)カジオカLA(尾道市高須)▽(株)吉原造園(向島町)の6団体。
200610120049


 公募申請は1日午後5時締め切りカジオカと吉原造園を除く4団体が手続きを終え、10日選定委員会による面接▽17日優秀提案者発表▽22日仮契約▽12月定例市会で決定、指定管理団体は来春4月1日リニューアルオープンを目指す。
 県立因島フラワーセンターの開園は1990年。因島重井町の県立農業試験場1万8千平方メートルをリニューアル。観光振興と離職者対策としての花卉生産農家育成による地域の活性化をもくろんだ。入園者数のピークは「しまなみ海道」が開通した99年度で30万人を超えた。その後は下降線をたどった。
 同センターの管理運営費は年間1億1千万円。赤字分は県が3分の2、市が3分の1を負担してきた。こうした状況のなか、県が出資する特殊法人見直しによる行財政改革の一環として因島市へ移管するか閉園するかという二者択一を迫った。
 県と因島市が移管協議の結論を先送りしているうちに尾道市へ編入合併。同センター問題を尾道市が引き継ぎ県から無償譲渡された条件として10年間は花公園として管理、多目的には使用しないことで落着した。尾道市は県から受けた助成金1億5千万円のうち2千45百万円をかけ管理事務所などリニューアルする。

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282

One thought on “無償譲渡されたフラワーセンター 尾道市がリニューアル再出発 指定管理者公募説明会に6団体参加

  1. 無料開放中の因島フラワーセンターに行ってみた。

    9月から因島フラワーセンターが広島県から尾道市に移管され、リニューアルオープンを目指して、3月末まで無料開放されています。ゴールデンウィーク以来、ひさびさ…

この投稿はコメントできません。