暑くて長い衆院選が日本列島を駆ける 投票率の低下が心配

 暑くて長い衆院選が日本列島を駆ける。4年前の小泉郵政選挙で大勝した自民党。今度の衆院解散ではマスコミの世論調査によると民主党が追い風を受けている。


 選挙地図が様変わりしたのが広島県第六選挙区。4年前は自民党と訣別して国民新党を結成した亀井静香代表代行に自民党は刺客として堀江貴文ことホリエモンを送り込んでの乱戦。この2人のデットヒートに民主の佐藤公治氏が埋没した。その民主佐藤と国民新党亀井との野党連合が参院選を通して手を結んだので2人の地盤は強固なものになった。
 盤石な「亀井党」に民主佐藤陣営が後押ししたのでは自民党も刺客を送り込むのに気おくれしていた。まさかと思われた三原・世羅区選出の県議小島敏文氏が自民党公認で出馬を決意したが選挙区内の県議仲間とはしっくりいってないようだ。
 このほか共産党から三原の花岡多美代さん。幸福実現党から胡本協子さんが名乗りをあげているが、4年前の激戦ムードとはほど遠く投票率の低下が心配されている。
(村上幹郎)

【PR】ピザカフェつばさ

因島の美味しいピザ屋「ピザカフェつばさ」

みょーんと伸びるチーズとこだわりの生地を溶岩石窯で一気に焼き上げます。
テイクアウト歓迎。

尾道市因島土生町フレニール前(旧サティ因島店前)
TEL 0845-22-7511

平日・土曜日 11:00~22:00
日曜日・祝日 11:00~14:00