ガ島より夫に背負われ帰還せし戦友は墓前に長く動かず

大畑すみえ
 作者は尾道市向島町に在住である。いまは亡き夫君は、かつての太平洋戦争中に南太平洋・ソロモン諸島の一孤島のガダルカナル島において、連合軍と死闘を体験した数少ない帰還兵の一人である。その故人の墓前に、戦後数十年経って亡くなられたという訃報を聞き墓前にお参りしたのである。


 夫の生前に一、二度来宅されたことはあった。その度に「お前の背中に負われて日本の土を踏んだ、生命の恩人だ」「なんのなんの今思えばね、」と酒を酌み交わしながらの談笑をしていた情景が眼に浮かんで来る。
 いまこのようにして3分か5分か10分か、合掌をしたまま、夫の墓前から身動きもしない。南の孤島での生命のやりとり、敵弾と飢餓と病魔(マラリア)との戦いの日を思い浮かべ、戦友に背負われ一歩一歩と桟橋を渡ったときの回想に浸っているのだろう。
 「ガ島」とはガダルカナル島の略であるが、日本軍からの補給物資が敵の潜水艦にやられて届かずに、3万1千人の日本兵はまさに生きるに難しと言われ、「ガ島」は「餓島」であった。ガダルカナル島は南太平洋の端にあって、今地図で調べても小さい。この島の地形の重要性から見て飛行場の建設をした。
 この飛行場の占領をめぐって、昭和17年6月上陸から翌18年2月の8ヶ月間、(1日-7日)にかけて夜陰に乗じて撤退作戦を完了しており、当時は撤退と言わずに「転進」と言っていた。傷病者を含めて1万1千人余りが「ガ島」を脱出したといわれる。昭和史の記録によれば、ガ島をめぐる戦闘で日本軍の上陸兵力は3万1千4人中死者2万8百人とある。そのうち純戦死者は6千人、他は病気と餓死であったといわれる。

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282