ふるさとの史跡をたずねて【5】掛迫農道(因島中庄町通り谷)

掛迫農道(因島中庄町通り谷)

茶臼山城の尾根西端に、因島村上氏の時代には見張所があった。事代主神を祀って、これが西浦の臼岬神社の起源となった。応永年間(1394~1427)のことである。

その尾根の西端がどこかわからない。茶臼山の尾根と呼ぶには抵抗があるが、西の端は農道で切れていた。北側の終点近くの法面に、「峠、通り谷連絡道路(掛迫農道)」の記念碑が埋め込んであった。

峠というのは西浦峠のことだろうから、反対側のここが通り谷(や)である。重井にも通り谷はあるので、接しているのだろう。そして、字の通り、重井中庄間の通り道だったのだろう。海岸沿いの道路ができる以前のことである。

重井から因島南部へ行くには必ず中庄を通る。現在の一本松から片刈池への道は、土生新開ができる前はありえない。重井から、一の宮を通り、現・運動公園の前から鹿穴へ出て馬の背峠を越えれば、JAの北へ出る。鹿穴へ行かず、少し西よりの鉄塔の下を越えれば、権現に出て、茶臼山の東麓が通れる。そしてさらに西よりの道が通り谷越えである。この農道のいくらかが、その昔の道と重なっているのではないかと想像することは楽しい。

(写真・文 柏原林造)

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282