広島カープ優勝へ マジック20が点灯 因島のファンの声を聞く

広島カープは24日、巨人を下し優勝マジック20を点灯させた。今後、25年ぶりの優勝への足取りは加速するだろう。その日を待ち望む、因島のファンの声を聞いた。

応援旗を背に熱い声援を送るファンたち

酒井俊廣さん(土生町)

今年の優勝は間違いありません。黒田投手の胴上げをみんなでやってほしい。カープのファンになって60年が経ちます。子供のころ父親といっしょにラジオを聴きながら応援したものです。初優勝のころは街の食堂に仲間と集ってはテレビの前で熱いエールを送りしました。今年はすでに夫婦で23回球場に足を運びました。まだまだ応援に行きます。

松浦真博さん(中庄町)

優勝は間違いないです。自分が生きている間は、カープの優勝はないと思っていました。市民球場からマツダスタジアムに変わって良かったですよ。大人も子供も楽しめて、カープ女子の応援もすごいです。地元だから、広島カープを応援するのはあたり前です。因島がひとつになって優勝をめざしてカープを応援したい。

尼子茂則さん(中庄町)

ファン歴20年です。カープ優勝の記憶はありませんが、年々優勝を願う気持ちが強くなってきました。現在、強かったカープを知らないファンが多くなったり、他球団からカープのファンに変わった人たちも増えています。そうした人たちとともに優勝の歓喜を共にしたい。今年はすでに14試合バスで球場にかけつけた。さらに行きます。因島でビールかけをしたいですね。

岡野敏郎さん(田熊町)

小学校5年の時です。テレビは全て巨人戦でした。そうしたなかで地元に球団があることを知って感激してファンになりました。カープ初優勝のシーンは今でも鮮明に目に浮かびます。自分が死ぬまでにもう一回優勝してほしいと願っていました。毎朝スポーツ新聞を読むのが楽しみです。勝てばうれしいが、負けていると一日さえないですよ。

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282