ふるさとの史跡をたずねて【4】徳居屋敷(因島中庄町徳井)

徳居屋敷(因島中庄町徳井)

徳居屋敷と呼ばれている建物が茶臼山の東麓にある。

またまた消防署の前の信号機に話を戻す。その建物はそこから見えるのだが、北側に伸びる路地に入って、菅原神社の方へ向かうと、その古くて珍しい建物が目に飛び込んでくる。竹を割って板状に束ねたもので壁を覆っている。それが石垣の上に乗っている。徳居屋敷である。江戸時代の武家屋敷の面影を伝えるものだと言われている。

弓削の鯨(久司浦)から来た田頭茂兵衛さんがこの地を徳居新左衛門さんから購入したとき、由緒ある名だから屋号として残すことにした、と伝える。この田頭さんが中庄田頭氏の祖である。

『因島の文化財』の表紙に使われている文政二年の絵図には、「中須ケ池」の隣に「徳井」と書かれている。今も字(あざ)「徳井」である。それほど由緒ある家だったのだろう。

徳居(徳井)というのは河野水軍に出てくる姓である。今岡氏や大鳥氏と関係があるのだろうか。また、元禄三年に『能島来島因島由来記』を書写した長州萩藩士徳威弥九郎通郷とどんな関係があるのだろうか。

(写真・文 柏原林造)

徳居屋敷(因島中庄町徳井)

【PR】ピザカフェつばさ

因島の美味しいピザ屋「ピザカフェつばさ」

みょーんと伸びるチーズとこだわりの生地を溶岩石窯で一気に焼き上げます。
テイクアウト歓迎。

尾道市因島土生町フレニール前(旧サティ因島店前)
TEL 0845-22-7511

平日・土曜日 11:00~22:00
日曜日・祝日 11:00~14:00