私の瀬戸田日記【2】たどり着いた先は瀬戸田

「たどり着いた先は瀬戸田」

瀬戸田へ移住してきて聞かれる断トツの質問は、「なんで東京から何もないこんな所に来たの?」。この連載を機会にあらためて動機をしたためようと思う。

東京にいる頃、自分は幸せなのか常に自問自答していた。外の天気がわからない地下鉄の満員電車に詰め込まれ朝から夜まで働き、疲弊しきったところでリゾート地へ赴きリフレッシュする。このサイクルをずっと続けるのか、否もっと自分なりの幸せがあるはずだと結論づけ、サイクルから抜ける道を開拓することにした。

そしてたどり着いた先が瀬戸田だった。瀬戸田は海・山が身近なうえに、スーパーなども近くにあり生活の利便性も良い。地域の方も皆暖かく優しい。フェイスブックも農家の方にかかれば1か月ぶりの雨雲の行方で大盛り上がりになり、現代版雨乞いだと思った。

瀬戸田に何もないなんてとんでもない。自然と生きるということをどこでも、どのツールでも感じることができる素晴らしいところだ。あの満員電車からは見えなかった美しい大空の移ろいを、私が開拓した抜け道を通って見に来てくれる人が続いたらこれ以上嬉しいことはない。

尾道市地域おこし協力隊員・森聖羅

瀬戸田から見る雄大な空

 

 

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282