椋浦町伝統の法楽舞 日本遺産の踊り披露

日本遺産「村上海賊」の構成文化財の一つである、因島椋浦町の法楽踊りが15日、同保存会(西本茂樹会長)によって行なわれた。

広島県無形民俗文化財でもある法楽踊りは、化粧した男たちが、浴衣、袴、たすきはちまき、手甲・脚絆に太刀と扇子を携え、大小の太鼓と鉦の音に合わせて「なーむあみでーぼ」を唱え、「とんだ、とんだ」と跳びまわる勇壮な舞いである。

艮神社から28番札所・大日寺を経て潮の引いた海岸その後墓所前で踊りを終えた。

里帰りした家族連れや町内外の見学者、写真愛好家たちでにぎわった。

2年に1回の法楽踊りを取り組む、因島外浦町で14日、艮神社を中心に町民による舞が披露された。

[ PR ]因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282

Previous article

三庄夏まつり