ふるさとの史跡をたずねて【2】島前城跡(因島土生町箱崎)

島前城跡(因島土生町箱崎)

釣島箱崎浦の戦いの今岡通任の居城跡と伝える。

因島モールの駐車場から因島図書館を見ると、20メートルほどの丘と崖が印象的だ。今はセメントで覆われている崖の下まで、かつては波が打ち寄せていたものと思われる。あるいはこの崖はもっと海よりに伸びていたのかもしれない。干拓前は北側も海で、海に突き出た半島のようになっていたのだろう。

ここは、因島村上氏の時代には村上直吉が住んだが、話を更に昔に戻すと、因島開発名主の上原祐信が住み、次いで今岡通任が支配した。

今岡通任の屋敷跡と呼ばれるものが青陰山登山道の六松公園近くにあるという。丘伝いに往来するとしてもかなり遠回りである。

時代は前後するが、近くにあった上原祐信の時代の持仏堂と守護神は、後に長源寺(因島村上氏の菩提寺)と耳明神社になった。

長源寺は天正五年(1577)に焼失し、江戸時代に移転して中庄の長福寺となる。耳明神社は、現在は大山神社にある。

(写真・文 柏原林造)

島前城跡の上に建っている因島図書館

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282