因島重井商工業団地 3年半で完売 立地企業は5社

尾道市は23日、因島重井町の因島重井商工業団地に金属加工部品製造の有限会社柏原工業の立地を発表した。これで同団地への立地企業は5社となり、全区画が分譲開始3年半で完売した。

因島重井商工業団地
旧因島市が運動公園前に造成完売した因島重井商工業団地

同社の所在地は因島重井町塚浜。設立は1979年4月。売上高5億円。従業員数10人で代表取締役は柏原信彦氏。約4000平方メートルの敷地に工場、倉庫、事務棟を建設する。用地取得を含め総工費は3億円。創業開始は来年4月。従業員規模は5人で、主な取引先はユニバーサル造船(株)など。

造船関連の受注増と少子化・過疎化に伴い困難が見込まれる従業員の採用問題や熟練作業者の高齢化・退職問題などに対応する、製造・作業・研究スペースの確保が目的という。

因島重井商工業団地は1998年、旧因島市が造成着手した。造成面積は約3万3000平方メートル、分譲面積が2万86平方メートルで分譲開始は、2003年4月。

すでに同団地では、四国溶材株式会社、株式会社岡恒鋏工場、有限会社四辻製作所、有限会社はと印刷が操業中である。

【PR】ピザカフェつばさ

因島の美味しいピザ屋「ピザカフェつばさ」

みょーんと伸びるチーズとこだわりの生地を溶岩石窯で一気に焼き上げます。
テイクアウト歓迎。

尾道市因島土生町フレニール前(旧サティ因島店前)
TEL 0845-22-7511

平日・土曜日 11:00~22:00
日曜日・祝日 11:00~14:00