トラフグ・オニオコゼなどの高級魚 イクラス「閉鎖循環型養殖場」因島重井町新開に円型水槽建設

(株)ICRAS(尾道市新浜町1―4―7、伏見浩社長=福山大学教授、資本金800万円、TEL0848-29-3322)は、トラフグ、オニオコゼなど付加価値の高い沿岸魚を「陸上養殖」するという計画を具体化、同市因島重井町本郷沖新開に円型水槽を建設、陸上プールで養殖事業をはじめる。

養殖といえば、海上に生簀(いけす)や筏(いかだ)など設置する海面養殖が主流だが、残餌や養殖魚から発生する糞(フン)・尿・アンモニアなどの有機物が海洋を汚染、赤潮発生など環境汚染問題を引き起す原因にもなってきた。

そこで生まれたのが陸上養殖。汚染原因となる有機物を濾過・殺菌して清浄な海水を飼育水槽に戻して使用する「閉鎖循環型システム」で海水を汚さないのが特徴。さらに広大な敷地を必要としないので外気に影響されない環境で養殖できるため外部からの病気の持ち込みを防ぎ、薬品を使用しない安全な成魚を生産できるという。

養殖施設は1216平方メートルの敷地に直径10メートル、水深約1.3メートルの円型の100トンプール4基のほか飼育水槽と濾過機など。

同社は、コンサルティングを行なうほか活魚の販売や加工、飼育原料販売などの商社事業も計画。次世代を担う技術者の事業の養成に期待をかけている。

(株)ICRAS=08年3月3日設立。取締役に福山市松永町(株)扶桑理科社長島田清豪氏らが役員に名を連ねている。なお、伏見社長は1945年4月生まれ。64歳。福島県相馬市出身。東京水産大学大学院修了。現在、福山大学付属内海生物資源研究所所長(尾道市因島大浜町)で、同大学の循環型水槽でフ化、育成したヒラメの稚魚(体長4センチ)を因島漁協が放流するなど地域貢献。昨年、同漁協の凖組合員に加入。同漁協との密接な関係が期待されている。

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282