土生火災復興に奔走 村上司法書士事務所 村上正則さん(46)恭子さん(46)

「登記測量を通し高い公共性を有するわれわれが率先垂範しなくて誰がする」と、広島県土地家屋調査士会尾道支部は5月26日、新生区建物火災復興支援室を設立し、ボランティアでプロの業務を提供している。個々の境界復元など、困難が予想されるからだ。

村上司法書士事務所の村上正則さん(46)・恭子さん(46)

この現地担当者が、村上司法書士事務所の村上正則さん(46)だ。村上さんが奥さんの恭子さん(46)と事務所を開設したのが、平成2年。土生町中央区バス通りの現事務所に移転したのが、平成7年。

法務局移転が問題になったのは、ちょうどそのころで、存続運動の中心を担った。「因島から都市機能が失われ、島ゆえに不利益をこうむる」ことに我慢できなかった。

事務所を訪ねるお客さんは様々で、専門外の相談を持ちかけられることが度々ある。その都度、資格取得を痛感し、司法書士の正則さんが6個の資格をとり、恭子さんが行政書士となった。「地域にとって専門家はいなくてはならない存在せっかく仕事をしているのだから、可能なかぎり専門職能を提供しよう」と懸命にがんばった。

同い年のふたりのなれそめは福山大学時代。土生町出身で因島北高の正則さん中庄町出身で因島高校の恭子さんは初めて出合った。長男は大学3年生、次男が高校2年生。

【PR】ピザカフェつばさ

因島の美味しいピザ屋「ピザカフェつばさ」

みょーんと伸びるチーズとこだわりの生地を溶岩石窯で一気に焼き上げます。
テイクアウト歓迎。

尾道市因島土生町フレニール前(旧サティ因島店前)
TEL 0845-22-7511

平日・土曜日 11:00~22:00
日曜日・祝日 11:00~14:00