重井中のふるさと授業 テレビ会議で水軍学ぶ


image_print印刷用レイアウトを表示

重井中学校(前澤義隆校長)一年生25人は5月31日第2回ふるさと授業で村上水軍について学んだ。

今回は、NTTラーニングシステムズと福山大学の協力を受けて、今治市大島の村上水軍博物館とのテレビ会議システムによる遠隔授業になった。

講師は同博物館の田中謙学芸員。生徒による村上水軍についての質問に一つひとつ丁寧に答えた。

生徒はこの日のために、「水軍とは何か」「村上水軍は海賊なのか、海軍なのか」など35個の質問を準備して授業に臨んだ。