手芸で交流の輪 吉本喜恵子さん(76)

趣味の手芸で、因島三庄町の吉本喜恵子さんを中心に交流の輪が広がっている。

吉本さんが本格的に手芸を始めたのは40年前。大切にしまっていた古い着物、帯、浴衣、布団などをなんとか活用したいという想いからだった。

主に各種の人形、十二支の置物、壁にかけるタペストリーなどを作りつづけてきた。この3月には、作りためていた、約100種類の雛人形を自宅に飾った。

最初は近所の人が見にきていたが、やがて他の町に住む友人が訪れるようになり、今では初対面の人もやってくる。

毎月、その季節に合わせて飾りつけが変わる。例えば5月は端午の節句、6月はかたつむり、というように。それが見学者にとって楽しみになっている。

まるで手芸品のギャラリーのようになっている。また、おしゃべりをしながら一緒に作るサロンにもなっている。「どうぞお気軽においでください」と語る。

DSC08779

DSC08780

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282