本誌創刊1000号ありがとうございます。

 新年元旦号で創刊1000号を迎えることができました。ひとえに読者の皆様方の温かい支えがあったからとスタッフ一同、心より感謝致しております。


 振り返ってみますと国政は中選挙区時代の自民3、社会、民社、公明各1の指定席から小選挙(定数1)に移り替わり亀井静香(自民―国民新)時代に。因島市政は平原清―楠見昭二―岡野敬一―村上和弘の四代から尾道市合併に渡る首長の建設譜を報道。
 創刊当初、亀井代議士が初当選して間もないころ因島・因北小グラウンドでソフトボール大会中にインタビューしたのが33年前。悲惨なできごとはオイルショックに続く造船業界の構造的不況の波を受け日立造船因島工場に白羽の矢を立て、新造船部門の撤退。造船城下町因島から灯が消え「島が沈む」とまでいわれた。
 日本列島はバブル景気にわいたが、因島周辺島しょ部は恩恵に浴することもなく被害も少なかった。いま、世界経済は80年ぶりの恐慌が襲っているが、その先が見えにくい年明けである。

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282