因島出身の芸術家、瀬島匠の個展から

瀬島匠さん昨日、因島出身の芸術家、瀬島匠せじまたくみさんにお会いし話しを聞く機会を得た。瀬島さんは先週金曜日からきょうまで因島市民会館で古里個展を開催されていた。妻が因島高校の同級生ということもあり、船や海をテーマとした創作活動のことは知っていたが、現物を前にして話を聞く機会は十分に刺激的で、気持ちのいい時間を過ごすことができた。

瀬島さんは話の節々に想像の原点は因島であり、インスピレーションを与えられるのは因島と言っていた。造船、柑橘、そして断崖絶壁の東海岸と、多様な表情を持つこの因島が創作意欲を刺激するようで、テーマの宝庫ともいわれた。表現者として舞台が大きくなればなるほど、そのオリジナリティ(独自性)が問われ、ブームやトレンドではない、個人が持つ地域性や生まれ育った環境など、そのオリジン(出自)が大事になる。

美しい国日本とか愛国心とか言われているが、今こそ生まれ育った地域について、もっともっと見つめる必要があるような気がする。因島の田熊町で育った瀬島さんだけに、造船や八朔、みかんなどの柑橘をテーマに創作活動することに納得する。

古里での展示会はきょうで終わりましたが、ご覧になっていない方はぜひその一端をこちら(ぽちょさんの記事)から感じてください。なお、瀬島さんへのインタビューは近々「しまなみ人インタビュー」で紹介しますので、こちらも楽しみにしておいてください。

http://blog.livedoor.jp/osame4771/archives/52068563.html

筆者紹介

大西好樹
大西好樹PRプランナー
芸術は爆発だ!の岡本太郎氏制作の「太陽の塔」がある大阪府吹田市生まれ。

関西学院大学卒業後、東京のPR会社で国内、海外の企業や団体やサッカー、テニスなどスポーツイベントのPR活動を担当。

2002年11月から妻の古里である因島に活動の拠点を移し、デジタル画像処理会社や家具メーカーの広報活動を支援し、現在は造船、海運を中核とする企業グループに在籍。

因島の読み聞かせグループに参加し、小学校などで好きな絵本を子どもに語っているおっさんです。

3 thoughts on “因島出身の芸術家、瀬島匠の個展から

  1. 因島のポニョ より:

    おおにしさんのひょうじょうがいいですね

  2. ゴリゴリラ より:

    もっと頻繁に更新して欲しいなー

  3. マリオ より:

    おおにしさんは、おもしろいですね。

マリオ にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA