百人一首カルタ大会 2月20日(水)

2月20日(水)に、重井公民館に於いて全校生徒で百人一首カルタ大会を行いました。小倉百人一首の百首を五つの色に分け、二十首ずつ取り合う五色百人一首に挑戦しました。各クラスで4~5人のチームをつくり、学年に関係なく対戦を行いました。この日のために各クラスで練習を重ね、当日は白熱した対戦となりました。全校生徒での百人一首カルタ大会は、日本の伝統文化を継承し、古典に触れるとてもいい機会となりました。

優勝 3年Cチーム 若林凜、峰松莉子、柏原光、村上陽哉
準優勝 3年Fチーム 村上慧治、箱﨑桜輝、藤井聖也、松井愛心、中川耀子
第3位 2年Bチーム 伊東賢伸、大出朝陽、柏原一喜、柏原省吾、上林恭子

生活ノートより

  • 3年生は入試もあり勉強に必死だと思うのにすご~い。上の句でみんなとってすごい。来年も大会があれば賞に入りたいと思いました。
  • 今日、百人一首大会がありました。予選リーグではチームとして全勝だったけど、決勝トーナメントで負けてしまって悔しいです。
  • 今日は、百人一首大会があった。結果は良くなかったけど、チームで協力できて楽しかった。
  • 私たちのチームは、決勝トーナメントに行くことはできなかったけど、3年生のチームが優勝と2位だったのでうれしかった。
  • 今日は、公民館で百一首大会をしました。私のチームは決勝までいくことができました。1位にはなれなかったけど、とても楽しかったし、1つ思い出が増えて良かった。

「なぎさ会」読み聞かせ 2月28日(木)

2月28日(木)に、38年間つづけた朗読奉仕活動で県知事賞を受賞した「なぎさ会」(上馬場伸子代表)の3人をお迎えして、全校生徒に読み聞かせを行っていただいた。紙芝居「因島の花除虫菊」という作品で、貧しい農村であった重井が、除虫菊の栽培をすることにより経済的に豊かになった歴史をとても分かりやすく紹介したものでした。

おのにゃんブック贈呈 3月6日(水)

尾道市の中学校リーダー研修会では、各校のアルミ缶回収の収益金で市内の幼稚園・保育所の子供たちに絵本を贈る取組を行っています。重井中学校校友会は、今年度も重井幼稚園に絵本等を贈呈しました。3月6日(水)に、3年生6名が重井学園重井幼稚園に行き、絵本の贈呈後、園児に絵本の読み聞かせを行いました。

善興寺義援金贈呈 3月7日(木)

昨年の夏の豪雨で被災された善興寺様に対して、重井中学校では、文化祭などの行事の度に地域・保護者の方に義援金を募ってまいりました。この度、学校で取り組んでいるアルミ缶回収の集金と合わせて、善興寺様に義援金を贈呈させていただきました。

重井村八十八ヶ所マップ完成

今年度3年生が総合的な学習の時間に取り組んだ、「重井村八十八か所の伝承~Project88~」、重井町の文化財である重井村八十八か所の石仏を地域内外に伝承するためのパンフレットが完成しました。公民館にも置かせていただいていますので、ぜひ手にとってご覧下さい。

各種表彰 尾道市小中学校新春書写展

1年 特選 中川真心 入選 永川千晴、柏原彩花
2年 特選 上林恭子 入選 伊東賢伸、大出朝陽
3年 特選 須山陽 入選 中川耀子、桑原るい