1941年創業 元祖はっさく大福のお店                  AM8:00~PM5:00  定休日:月曜日 082-208-2236

転載記事

新聞などで、取り上げて戴いた記事を紹介させてもらいます。

2013.4.12

2013年4月12日の中国新聞で取り上げて戴きました。

「はっさく大福」広島へ
広島移転
 ハッサク発祥の地とされる尾道市の因島で「はっさく大福」を売り出し、全国的な人気を集める「もち菓子のかしはら」が、広島市西区観音町に移転オープンした。大福を考案した柏原伸一さん(71)の後を継ぐ、娘婿の龍一さん(24)が「より多くの人に味わってほしい」と決めた。

 大福は、むいたハッサクを一房ずつ白あんでくるみ、ミカンの皮を練り込んだ餅生地で包む。果実の酸味と白あんの甘みが調和する。1個140円。

 1989年に売り出した。伸一さんは2004年10月、尾道市因島田熊町の店をたたんだ。先妻を亡くし「人を喜ばせる菓子を作れる気分じゃなかった」という。全国のファンから閉店を惜しむ手紙が相次いで届いた。

 再婚した夏子さん(47)の長女洋洋さん(25)が龍一さんと結婚。龍一さんが「お父さんの味を守りたい」と技術を学び、11年7月に店を再開した。

写真説明】ハッサクの果実がぎっしり詰まった大福
写真説明】新店舗に立つ右から龍一さん、伸一さん、夏子さん。洋洋さん(左端)は、生後5カ月の長女美帆ちゃんを育てながら店を手伝う

2011.9.27

2011年9月27日の朝日新聞で取り上げて戴きました。

『元祖はっさく大福、7年ぶりに復活』
かしはらファミリー今の生活が楽しいと話す(左から)柏原伸一さん、夏子さん、洋洋さん、龍一さん=尾道市因島田熊町 全国的な人気を誇る尾道・因島の「はっさく大福」の考案者、柏原伸一さん(70)の店「もち菓子のかしはら」が7年ぶりに復活した。後継ぎは娘婿の中国人、龍一さん(23)で、日本の伝統の技を習得しようと修業に励んでいる。

 柏原さんは2004年10月、長年連れ添った妻を亡くし、気力を失い、翌11月に店をたたんだ。店の存続を願う手紙や電話が相次ぎ、再開するか悩んだが「人を喜ばせられる菓子を作れるような状態ではなかった」と振り返る。人と会うのが怖いと感じるようになり、広島市に移った。

 だが、その生活も孤独を消してはくれなかった。支えてくれる人が欲しいと思うようになり、知人から紹介を受けた中国人の夏子さん(46)と中国・大連で見合い。夏子さんも夫を亡くしており、同じ痛みを知る者同士支え合おうと、07年に再婚した。しばらくはただ毎日散歩し、互いの傷を癒やす生活を送った。広島と因島をしばらく行き来し、1年ほど前に因島に落ち着いた。

 今年になって、日本で働いていた夏子さんの一人娘の洋洋さん(24)が、広島に留学中の龍一さんと結婚することに。広島市内の料理店で働いていた龍一さんから後を継ぎたいという申し出を受け、7月に店を再開した。龍一さんは「元々料理やお菓子作りが好きで、日本の伝統食品にも興味があった。(柏原さんの餅を)食べたらおいしくてやってみたいと思った」と話す。

 子どもができなかった柏原さんにとって、後継ぎの育成は「すごいやりがいがある」。指導を始めてから、ぐっすりと眠れるようになり、食事もしっかりとるようになったという。

 「おいしくない物を作ると『お客さんに出せない!』とすごい怒られるけど、この生活は楽しい」と龍一さん。赤飯の注文を受けて420パックを納めた翌日、食べた人たちが「おいしかった」と次々、店に来てくれたのが自信になった。「お客さんに認めてもらう喜びを知った。おいしいもち菓子を出したい」

 米の洗い方や蒸し方、あんこの炊き方、餅のつき方など、覚えなければならない技術は100以上ある。柏原さんは「筋はいい。普通の餅屋として地域に愛される3代目になってほしい」と期待を寄せる。

 夏子さんも今の生活が気に入っている。「夫は優しいし、きれいな景色が好き」。洋洋さんも「近所の人が優しくて毎日、おばさんたちがお菓子を持ってきてくれます」と笑顔を見せる。

 再出発の店舗は、旧店舗のすぐ近くに新しく開いた。家族総出で作る看板のはっさく大福は、10月中旬ごろから店頭に並ぶ。(後藤泰良記者)

2011.9.15

2011年9月15日の中国新聞で取り上げて戴きました。

『古里・因島で再び餅菓子作り』

20110915中国新聞

2011.6.25

2011年6月25日のせとうちタイムズで取り上げて戴きました。

『はっさく大福のかしはら 7月1日田熊町に開店』

かしはらファミリー 7月1日、因島田熊町(元田中書店)に、「もち菓子のかしはら」がオープンする。餅菓子づくりひとすじ50年の柏原伸一さん(田熊町在住、70歳)経営の専門店である。

 因島ふるさと味産品開発に取り組み、はっさく大福などを製造販売してきた。大浜町の「はっさく屋」は柏原さんの分身。

 新たな弟子を育て、餅菓子の伝統技術を伝え、地元の人が手軽に買い求められる店を作りたいと思い立った。娘夫婦・柏原龍一、洋洋さんとともにはっさく大福など21種類の商品を製造する。すべて石うすでつきぬき、手がえし。

 将来は「因島をはっさくの島にする」作業所を作りたいと語る。志を同じくする共同経営者と特約店を求めている。