創業73年 元祖はっさく大福のお店                  AM8:00~PM5:00  定休日:月曜日 082-208-2236

広島の大福「はっさく大福」

  • 甘酸っぱい八朔の果実と白あん、みかん餅がマッチした大福です。剥いた八朔の果実を内皮となる白あんで包み、それを外皮となるみかん餅で再度包んだ、八朔その物を表現した商品です。昭和64年フルーツ大福の一種として開発しました。
  • ソムリエの田崎真也氏・作家の内館牧子氏がご来店、絶賛され「田崎真也ワイン誌」、「田崎真也絶品お取り寄せ手帳」両誌に紹介された両氏お墨付きの自慢の商品です。

平成元年から3年にかけて因島特産のフルーツを使ったお餅を開発するなか、因島が発祥の地である八朔をなんとか商品化したくて、果皮を使用してみたり、こしあん・粒あん・白あん・他の素材の使用など完成まで少しは苦労しました。結局は白あんとはっさく果汁がマッチ、みかん餅で包んだものが評判良く現在まで続いております。

価格
1個 ¥160(税込)
販売期間 
10月~8月(八朔の在庫がなくなるまで)
原材料 
もち米、白あん、はっさく、砂糖、みかん、酵素

この大福は15度から20度までがおいしく食べられます。温度により硬さが変わります。冷蔵で保存し好みの硬さに戻して、期限内にお召し上がり下さい。

はっさく大福の誕生秘話は、こちらの
「はっさく大福の由来」をお読みください。

箱詰包装について

写真右より、5個入り・6個入り・8個入り・10個入りとご用意しています。
※箱代は無料です。


お好きな大福を自由に組み合わせ、
「フルーツ大福詰合せ」にもできます。